健康増進への取り組み

②フレイル対策~運動編~

こんにちは♪運営社員の田村です。
今回は「フレイル対策~運動習慣~」についてです^^
フレイルから先の要介護状態に進ませないで、できればフレイル状態を改善させていくために…!
3つの柱①バランスの良い食習慣 ②運動習慣 ③社会参加 の内、
②運動習慣についてお話したいと思います。

フレイル対策としてもっとも重要かもしれない「運動」。
運動をすることでフレイルに効果がみられるという研究結果も出ています。
加齢とともに運動機能が低下し、筋力が衰えることで転びやすい、歩くのが遅い、外出しない、
家事をしない等の負のサイクルにはまらないためにも、運動は大変重要になってくるのです♪

高齢者でもレジスタンス運動、いわゆる「筋トレ」を行う事で、
転倒、うつ、移動能力、握力、下肢筋力、骨格筋量の向上がみられるのだそう。
ただ、運動をする、と言うとハードルがあがってきますよね。
自分の趣味や家事、日頃の習慣にプラスαで身体を動かす工夫を取り入れると良いでしょう^^

具体的には…
 *まず、家を一歩出ることから始めましょう^^
 *ゴミ捨てついでに家の周りを一周
 *身体の調子がよければ、階段を使って上り下りして足腰を鍛えましょう
 *歯磨きをしている時に、片足立ちをしてみる…
 *天気が良ければお散歩、おでかけ
などなど、少し体を動かしてみよう、という+αを習慣づけてみましょう(^^)v
決して無理はしない、頑張らない。だけど、少しずつ続けることが大切です。

当館で実施しているストレッチ教室に参加頂くのが一番良いですが、
当館に電車でくるかたは、その時点ですでに良い運動になっています^^
階段をのぼりおり、坂道をのぼる、温泉に入って全身浴をする…ぜひ習慣つけましょう♪