スタッフブログ

冬に要注意!
「ヒートショック」とは

こんにちは。
寒い日が続いて温泉が恋しくなってきました。

寒さが厳しくなると入浴で気になるのが「ヒートショック」です。
先日、当館の感染対策等を指導して頂いている、お風呂医学第一人者・早坂信哉先生が
テレビ番組にて「ヒートシヨック」についてご説明されておりました。

そこで今回はヒートショックを防ぐための入浴法をご紹介します。

「ヒートショック」とは
急激な気温の変化によって、血圧が大きく変化する事により起こる健康障害 です。

暖かい部屋では安定していた血圧が、脱衣所で一気に下がり、
熱いお風呂に入ることで再び上昇する・・・
こうした急激な変化により貧血や脳梗塞、心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

実は当館でも、入浴時にのぼせや体調不良になる方は冬がダントツに多いんです。
当館のような日帰り温浴施設で防ぐためには・・・
①かけ湯などを使い手足の先から少しずつならす
②低めの浴槽から入る、いきなり露天ではなく内湯からがおすすめ
③浴槽からでる際はゆっくり立ち上がる
➃適宜水分を補給

また、食事前後の入浴も控え、すこし休憩をとることがおすすめです。

冬は外気温との差が大きく、自分でも気づかない間にのぼぜてしまう事もあります。
無理をせず、入浴と休憩・水分補給を交互に行い、温泉を楽しんでください♪