健康増進への取り組み

かけ湯で始まり
かけ湯で終わる!

皆さんこんにちは!かけ湯してますか?

綱島店運営永井です。

今回は、かけ湯についてお話したいと思います。

冒頭にも言いましたが、皆さんかけ湯してますか?

『すぐ身体洗うからいいや~』

『サウナに入るから濡らすと面倒』とかけていない方!

かけ湯にはちゃんとした意味があるのです!

その①身体の汚れを落とします!

汚れてないからではなく、皆さんが裸で一緒に利用する場所です。

少しでも汚れを落とすことで、綺麗なお風呂を保ちます!

もちろん、お風呂を出るときもかけ湯で綺麗な身体へ!

その②お風呂の温度に慣れる!

外気よりも温泉の方が熱いことが多いと思います。

そんな時にいきなり、熱い温泉に入ると身体がびっくりしてしまいます。

特に冬場になると外気との気温差が大きくなり、寒暖差で

血圧の変化が大きくなり、ヒートショック現象にも。。。

身体への負担を減らすために、必ずかけ湯を!

その③温泉の泉質に慣れる!

当館のかけ湯の横には、「白湯」という温泉の内風呂がございます。

温泉でかけ湯することで、温泉の泉質に身体を慣らすことができます。

こちらも、身体に負担がかからないように行ってみては?

その④かけ湯は”作法”!

かけ湯は作法です。

日本独自の作法と同じです。

お抹茶を飲む時に、器を回して正面を避ける為、

180度回すように、

お抹茶を美味しくいただきましたの

合図で飲み切る時に音をたてるように

お風呂の前はかけ湯を行いましょう!

そんな正しいかけ湯の方法を

ここまでこのブログを見てくださっている方々へ特別に教えます!

①桶でお湯を掬います。

②心臓から遠い足先、身体の末端から順にお湯をかける。

③桶を置く

以上です!

こんな簡単なかけ湯をぜひ、絶やさずお子様にも教えていきましょう!

小噺

最近、「日日是好日」という映画を観ました。

黒木華さんや樹木希林さんが出演されている「茶道」を通じて

四季の変化を感じ、様々な幸せに気づいていく2018年の映画です。

そんな茶道にはたくさんの所作や作法があり、それを覚えるには頭で

覚えるのではなく、手が覚える、身体で覚えるそうです。

覚えてしまえば、身体が勝手に動き、それが心地よくなるそうです。

そこで自分が頭で考えるのではなく、手が、身体が覚えていることはなんだろうと

ふと考えたのですが、やっぱり17年間続けたサッカーでした。

特にキーパーだったので、今でもネットに向かって球が飛んでくると

身体が勝手に反応して横っ飛びしちゃいます。。。

なんの趣もないですね。