スタッフブログ

焼酎のおすすめ

こんにちは!飲食社員の五味です。いつも当館をご利用いただきありがとうございます。
暑い日が続きますが、皆様お身体は大丈夫ですか?
冷たい物を多く摂取する季節は、内臓が冷えやすいです。
こんなときには是非当館のお風呂で体の疲れを癒して下さい!

さて、お食事処 心音では焼酎をご提供しております。
今回はその中から3種類ご紹介致します。

一つ目は、芋焼酎の吉助・赤(シングル600円・ボトル4,000円)です。
吉助は当店でも取り扱いのある黒霧島と同じ霧島酒造が製造しております。
霧島酒造は黒霧島の他に、白霧島、赤霧島なども製造しております。
吉助・赤は原料に、赤霧島と同じムラサキマサリという芋を使用していて、麹は芋麹を使用しています。
芋100%の濃厚な香りと味が特徴です。
普段当店で、黒霧島を召し上がる方は是非、吉助・赤をお試し下さい!
そんな吉助・赤には炭火焼 鶏もも串(480円)が合います。
芋焼酎特有のずっしりとした香りと、それに負けない鶏もも串の味の強さがいい相性です。

2つ目は、麦焼酎の吉四六(シングル750円・ボトル5,000円)です。
読み方は“きっちょむ”です。
大分県の二階堂酒造が製造しております。
大分麦焼酎と言えば二階堂が有名ですが、その二階堂を熟成させたのが、この吉四六です。
まろやかな舌触りとスッキリとした味わいをお楽しみ下さい!
同じ麦焼酎のいいちこ・深薫を召し上がる方、たまには吉四六も召し上がってみませんか?
吉四六には、旬の彩り 天婦羅八種盛り合わせ(880円)はいかがでしょうか?
旬の天婦羅の旨味が、吉四六のスッキリとした味わいを際立たせてくれます。

3つ目は、八海山米焼酎・よろしく千萬あるべし(シングル600円・ボトル3,500円)です。
日本酒で有名な八海山を製造する八海醸造が製造しております。
酒名の意味は、「限りなく多くの福が得られるようにと願う言葉。」で中国で古くから使われている吉語が由来のようです。
日本酒の香りである吟醸香がほのかに感じられる、上品な味わいです。
日本酒好きの方にもおすすめできる、焼酎です。
是非、お試し下さい!
米焼酎 よろしく千萬あるべしには、やはりお刺身。お任せ お造り三種盛り(980円)が合うと思います。
新鮮な魚が際立たせる吟醸香をお楽しみ下さい。

お酒が美味しいこの季節に、ビールも美味しいですが当店厳選の焼酎もお楽しみ下さい。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
(価格は全て税抜です。)

 

お食事処 心音スタッフ 五味

※その他のメニューはこちらをご覧くださいませ※