スタッフブログ

温泉利用指導者の温泉のススメ

こんにちは。運営スタッフの温泉利用指導者の岩岡です。

今回は温泉入浴の良さについて語りたいと思います。

入浴による3つの作用
①身体が軽くなる浮力作用
全身入浴の場合は、浮力により体重は約10分の1になります。
のんびり体を伸ばしているだけで、足腰が日ごろの負担から解放されます。

②水圧によるマッサージ作用
湯の中では静水圧により腹囲が数センチ単位で縮まっています。
このマッサージ効果が血行を促進して足の疲れやむくみをとりのぞきます。

③身体の芯から温まる温熱作用
湯の温かさが血行をよくし、新陳代謝を促進し、老廃物を排出します。
特に当館の炭酸琥珀湯®は38℃~39℃のぬるめの温度となっており、
血行促進作用が大きい炭酸泉なので、疲労回復にお勧めです。
10分程度浸かっているだけで、血行が促進され身体がポカポカになりますよ!!

温泉入浴は、入浴による物理的作用と温泉成分などが総合的な刺激となり、
人間が本来持っている自然治癒力を高めてくれます。

当館のお風呂はこちらで詳しくご紹介しております。